スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒井法子被告の覚せい剤の依存性はどう判断されるのでしょう?

酒井法子被告の判決が9日午前、東京地裁で言い渡されます。
検察側は論告で、「覚醒剤に対する依存性が認められる」として、懲役1年6月を求刑。
一方弁護側は「常習性はなく、再犯の可能性も低い」として、寛大な刑を求めています。
酒井法子被告の覚せい剤の依存性についてが判決のポイントとなりそうです。
覚せい剤の依存症からの復帰というのはとても大変なことだといいます。
強い意志をもって更生することを願ってます。
スポンサーサイト


現実は楽しいトップへ戻る | SEO対策済みテンプレート


最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

tanosiy

Author:tanosiy
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングUPにご協力を
ブログランキング【くつろぐ】



ブログランキング

ブログランキング

Add to Google

My Yahoo!に追加

  • seo




これがあると・・・
検索フォーム
お気に入りに追加する
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。